フレンチプレス(コーヒープレス)

photo credit:  via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

日本ではコーヒーの淹れ方としてはハンドドリップがまだまだ一般的ですが、スペシャルティコーヒーのコーヒーオイル(これにおいしさが凝縮されています)まで抽出し、コーヒー豆の風味特性をダイレクトに味わうにはフレンチプレスがオススメです。

中粗挽き〜粗挽きした豆に熱湯を注ぎ、4分後にプランジャーを下げるだけという簡単な抽出方法ながら、驚くほどおいしいコーヒーを淹れることができます。カッピングの手法に一番近い抽出方法ですので、ある意味当然かもしれません。

シンプルな抽出方法なので、失敗が少なく安定しておいしいコーヒーを淹れることができるのも嬉しいポイントです。

難点は金属メッシュのフィルターを使用することにより微粉が出やすいこと。これを嫌がる方が多いようです。確かに若干クリーンカップが損なわれる気はしますが、豆の挽き具合やプランジャーの下げ方、フレンチプレスからカップへの注ぎ方等によって微粉を抑えることはできます。

飲むときもゆっくり飲んでいると、結構カップの底に微粉が沈んでいたりするので個人的にはあまり気にしていません。微粉を気にするよりもフレンチプレスのプラス面のほうがスペシャルティコーヒーを味わう上では大きいと思います。

ちなみに、微粉を抑えるということでこんな商品もあります。

言うまでもないことですが、コーヒー豆の風味特性をダイレクトに味わえるということは好ましくない成分も抽出されるということです。ですので、どんな抽出方法でもそうですが、特にフレンチプレスで淹れるには新鮮で品質の高いコーヒー豆(焙煎されてから2週間以内が目安です)を使うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です